メンテナンスぼちぼち頂いております

最終更新: 2019年8月13日

7月に入りまして、徐々にメンテナンスのご依頼頂いております。

フリーになってもこうしてお仕事頂けることに感謝しております。

お陰様でとりあえず10月まではいろんな方面の仕事がほぼ埋まりつつあります。

ありがとうございます!


梅雨は月末には明けるという事ですが週末中々乗れる機会が無いですね。

そんなときは日頃できないメンテナンスに出しましょう!


中でもホイールのグリスアップ(ホイールオーバーホール)は効果テキメンです。

CampagnoloやFurclumなどのカップ&コーン式ハブは半年に一度または1年に一度は必ず開けてグリスアップを行うことをオススメしています。


後輪は特に放って置くとボディ側のシールドベアリングの腐食が起こります。

肝心のUSBやCULTベアリングもグリスと泥が混じったようなドロドロの状態になってしまった状態↓



グリス自体が乾いてスカスカに抜けてしまっている状態↓


これは開けてみないと分かりませんが、皆さんのホイールきっとこんな状態で乗っているかも知れませんよー!

放って置くとベアリングの受け皿の部分が腐食したり傷がついてしまうので回転にゴリつきやスムーズの回らない=回転が重くなります。

一度ご相談下さいませー。 ホイールのグリスアップをしたあとに乗ってみるとすごい違いを感じると思います!

Copyright© 2019  limbocycling. ALL Right Reserved.